【サイキックタロットオラクルカード】はタロットが苦手な方でも使いやすい!

この記事は約3分で読めます。

オラクルカードを勝手にレビューシリーズも、気付けば今回で5回目。

今日は、ジョン・ホランド氏の【サイキックタロットオラクルカード】を取り上げていく。

このカードをひとことで表すなら『冷静沈着』といったところだろうか。

スポンサーリンク

クールで大人な雰囲気が漂う絵柄の数々

サイキックタロットオラクルカードは、その名前にもある通り、タロットの要素を含んだオラクルカード

大アルカナ小アルカナ、そしてこのカードオリジナルのチャクラカードで構成されていて、枚数は全部で65枚と、一般的なオラクルカードよりも少し多め。

その絵柄は、オラクルカードのようなキラキラでポジティブな雰囲気とはまた違うテイストになっていて、どこか静かに訴えかけてくるような印象にタロットっぽさを感じる。

こちらの画像のカードたちは比較的ポジティブな意味のカードなので、見た目も明るい印象だが、なかにはちょっと不気味で怖いと感じてしまうようなアートワークも。

絵柄の好みは分かれるかもしれないが、個人的には嫌いじゃないな。

なにかグッと心に惹きつけられるものがあるからかもしれない。

解説書は親切で分かりやすい

付属のガイドブックには、基本的なカードの意味はもちろんのこと、カードの引き方や並べ方などについて丁寧に説明されている。

また、数秘術についてやの解釈のしかた、サイキック能力に関する基礎知識なども記載されている。

22枚の大アルカナのページには、伝統的なタロットだとどれに該当するのかが書いてあるので、タロットを知らない方はより知識が深まるほか、一般的なタロットとの解釈の違いを楽しみながらリーディングすることができる。

良い意味のカードも、そうではない意味が含まれるカードも、ただこういう意味がありますという説明だけで終わるのではなく、物事の本質を知り、今後それをどのように活かしていくと良いのかを客観的な視点でアドバイスしてくれるのだ。

そういったオラクルカードっぽい一面も度々覗かせてくれるところが、このサイキックタロットの特色でもある。

タロットとオラクルの両方の顔を持つ独特な持ち味のカード

サイキックタロットオラクルカードは、まさにオラクルとタロットの融合。

今置かれている状況を冷静に読み解きつつも、最後はそっとフォローしてくれる。

一見近寄りがたい感じがするけれど実はとても人情味があって、寡黙な中にも優しさがある。

そんな魅力を秘めたオラクルカードだと思う。

私はサイキックタロットとは、何だかんだ長いお付き合いになる。

まだオラクルカードについてよく分からなかった頃に購入したので、最初はリーディングのしかたがよく理解できなかったし、どこかとっつきにくいなと感じていた部分もあった。

だが、ゆっくりと時間をかけてカードを引いていくうちに、少しずつ打ち解けてきて、今ではだいぶ心を開ける存在になってきたような気がする。

物静かな語り口ではあるが、思っていたよりも厳しさは感じないのだ。

耳障りの良い言葉に少し飽きてしまったなというときに使うと、メッセージがすんなりと腑に落ちる。

使い込むごとにインスピレーション能力が働きやすくなるので、第六感を鋭くしたり直観力を鍛えるのに適したカードだと思う。

 

≪管理人の個人的評価≫
初心者おすすめ度:★★★★
絵柄の美しさ:★★★★
ガイドブックの分かりやすさ:★★★★★

 

独特のオーラがあるカードなので万人受けはしづらいかもしれないが、実は密かに人気を集めているカードでもある。

なかなか奥深いリーディングが出来ると思うので、気になる方はぜひお手に取ってみて。

以上、【サイキックタロットオラクルカード】のレビューをお送りしてきた。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました