【ムーンオロジーオラクルカード】ってどんなカード?実際に使ってみた感想

この記事は約3分で読めます。

今日は久しぶりにオラクルカードのレビューをお届けしていこう。

今回ピックアップするのは、ヤスミン・ボーランド氏の【ムーンオロジーオラクルカード】

こちらは2018年11月に発売された比較的新しめのカードなのだが、私はすっかり魅了されてしまって☆

そのおすすめの理由などをつらつらと語ってみたいと思う。

スポンサーリンク

美麗なアートワークとムーンオロジーの世界観に浸れる

このオラクルカードを一言で表すならば『神秘的』、まさにこれ。

言葉にするよりも、目で見て感じて頂いたほうが手っ取り早いと思うので、まずアートワークをご覧いただこう。

アートワークの全体的な色合いが何といっても素敵だし、絵のタッチは写実的な要素がありつつもミステリアスな世界観が漂っていて、つい引き込まれてしまうような感じがしないだろうか?

月や星たちの静かなるパワーと、森や大地などの自然の神秘を感じながら、カードリーディングを楽しむことができる。

 

それではここで、一枚カードを引いてみよう。

出てきたカードはこちら。

【射手座の満月】広い視野を持ちましょう。というカードが出た。

紅に染まったお月さまには、どのようなメッセージが込められているのか。

解説文のキャプチャー画像を掲載するので、意味などを確認するための参考にしてほしい。

物事の見方が偏り過ぎていないか、主観的になりすぎていないか、一度冷静になって考えてみようという注意喚起の意味が込められているようだ。

カードの絵柄が赤いお月様だったのは、エネルギーが一点に集中しすぎているということの表れとも取れるのかなと、個人的には思った。

あなたはこのカードを見て、どのような印象を持たれただろうか?

月の神秘に癒されるオラクルカード

それでは最後に、管理人の超個人的な評価を付けてみたいと思う。

≪管理人の個人的評価≫
初心者おすすめ度:★★★★★
絵柄の美しさ:★★★★★
解説書の分かりやすさ:★★★★★

個人的には文句なしの星5つ!!

カードの美しさから何から、全てにおいてタイプそのものだったので。

リーディングをすればするほど、自分にしっくりくるメッセージが飛び込んでくるというか、とても相性の良さを感じるオラクルカードだ。

メッセージもどことなく深みがあって、静かに優しく諭してくれるような感じがする。

絵柄が全体的に月メインなので、初心者の方は絵柄からメッセージを読み取るのは、なかなか難しい面があるかも。

でも月の満ち欠けの様子や色合い、イラストが織りなす雰囲気などから、何かしら感じられるものがあるのではないだろうか。

カードのイラストをじっと見つめているだけでも不思議な感覚に包まれ、次第に心が落ち着いてくるので。

新月や満月など月のリズムを日頃から意識しながら過ごしている方や、月の神秘に触れてみたい方、単純に月や宇宙が好き!という方にもピッタリのオラクルカード。

気になった方は、ぜひ一度お手に取ってみて!

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました