ジャンボ宝くじのネット購入ではデビットカードが使えない?

暮らし
この記事は約4分で読めます。

※当ブログではアフィリエイト広告を利用しています

庶民の夢と希望が膨らむ『宝くじ』

これまでは、ロト6・ロト7・ナンバーズといった数字選択式くじのみ、ネットで購入することが可能となっていましたが、2018年10月より『ジャンボ宝くじ』のインターネット販売がスタートしています。

現在は、バレンタインジャンボ・ドリームジャンボ・サマージャンボ・ハロウィンジャンボ・年末ジャンボと、年5回ジャンボ宝くじを購入するチャンスがあり、これらのジャンボ宝くじが、わざわざ売り場に行かなくとも、パソコンやスマートフォンから購入することができるようになりました。

ジャンボ宝くじを購入する年齢層が中高年の方々が多いことから、若年層の人達にも気軽に買ってもらえるよう、オンラインでの販売に踏み切ったようですね。

筆者は、宝くじは気が向いた時に店頭で買う程度でしたが、インターネット経由で購入するとどんな感じなんだろう?と気になったので、半ば興味本位でジャンボ宝くじのネット購入にチャレンジしてみることに。

本記事では、その一部始終を記録していきます。

スポンサーリンク

宝くじ公式サイトの利用には会員登録が必要

まずは、【宝くじ公式サイト】にアクセス。

【宝くじ公式サイト】
インターネットや宝くじ売り場で購入できる宝くじの最新情報をご紹介します。【宝くじ公式サイト】では、ジャンボ宝くじ等の普通くじ・スクラッチ・ロト7・ロト6・ミニロト・ビンゴ5・ナンバーズ4・ナンバーズ3・着せかえクーちゃん・クイックワンといっ...

 

トップメニューの中に『ネット購入』という項目があるので、ここを選択→『ジャンボ宝くじ』をクリック。

すると、このような画面へ遷移します。

今回のみの『通常購入』と、ジャンボが発売されるごとにあらかじめ指定しておいた枚数を継続して購入ができる『継続購入』があるので、希望する方を選び、購入したい枚数を指定していきます。

連番・バラともに1枚単位から購入が可能。セット購入でまとめ買いもできます。

枚数を入力したら、『カートに入れる』ボタンをクリック。

 

『ご注文内容の確認』ページが出てくるので、間違いが無いかを確かめてから『お支払い内容のご確認へ』ボタンをクリック。

すると、このような画面が表示されます。

宝くじ公式サイトから宝くじを購入するには会員登録が必要となるので、まだ未登録の場合は、新規会員登録へ。

すでに登録済みの場合は、ログインIDやパスワードを入力して、ログインを済ませましょう。

私はまだ会員登録をしていなかったので、手順に沿って登録手続きをしました。

氏名や住所、希望のパスワードなどを入力していき…無事に会員登録完了!

 

お支払い方法の登録で予想外のアクシデント!

一通り会員登録を済ませて、次は支払いの情報を登録していきます。

私はカード決済を選択。

カード決済の場合、VISA・mastercard・JCBの国際ブランド3社が利用可能。

さらに、本人認証サービス(3Dセキュア)有効化されていることが条件となります。

このクレジットカード登録画面で、私は思わぬ足止めを食らうことに。

私が登録しようとしていたのは、楽天銀行のデビットカード

ブランドはJCBで、本人認証サービスの3Dセキュアも登録済み。

いざカード情報を入力してみたのですが…

残念ながら登録できず。どうやらこのデビットカードは利用不可のようです。

3Dセキュアは登録済みなのに、どうして…(泣)

このように、一部のデビットカードやプリペイドカードは、利用が出来ない場合があるそうなので要注意です。

ちなみに私はデビットカードでの購入を諦め、キャリア決済を利用して無事に購入できました。

現在はクレジットカード決済の他に、ドコモの『d払い』や、auの『auかんたん決済』といったキャリア決済も利用可能になっているので、カードが使えない場合は、こちらを利用するという手もありますよ。

【まとめ】宝くじ公式サイトの利便性向上を期待!

宝くじ公式サイト開設当初は、正直に言って、全体的に使い勝手があまり良くないなという印象を受けましたが、決済手段が増えてきていることもあり、少しずつ利便性が上がってきているように思います。

個人的には、一部のデビットカードが使えないというのがやはり残念に思いますが、決済手段の条件さえクリアできれば、自宅で好きなときに好きな分だけジャンボ宝くじを買うことができるし、店頭の長い行列に並ばなくても手軽に買えるというのは大きなメリットとなり得るでしょう。

また、購入ごとに宝くじポイントが付与され、次回以降の購入代金に充てることができたり、宝くじ公式サイト限定のくじも販売していたりなどのメリットもあるので、もし自分に合った決済手段が使えそうであれば、是非ネットでの購入を検討してみてはいかがでしょうか。

タイトルとURLをコピーしました