ジャンボ宝くじのネット購入を断念した理由。クレジットカード決済で思わぬ壁が!

この記事は約4分で読めます。

みんなの夢が膨らむ『宝くじ』

これまでは、ロト6・ロト7・ナンバーズといった数字選択式くじのみインターネットで購入することが出来ていたが、2018年10月より、あの『ジャンボ宝くじ』ネット販売がスタートした。

2018年現在、バレンタインジャンボ・ドリームジャンボ・サマージャンボ・ハロウィンジャンボ・年末ジャンボと、年5回ジャンボ宝くじを購入するチャンスがあるが、わざわざ売り場に行かなくとも、パソコンやスマホから気軽に購入できてしまうらしい。

ジャンボ宝くじを購入する年齢層が中高年の方々が多いことから、若年層の人達にも気軽に買ってもらえるよう、ネットでの販売に踏み切ったようだ。

うちの家族なんかは毎回ジャンボが発売されるたび、宝くじ売り場にいそいそと足を運んでいるけれど、私はめっきり買っておらず。

でも、インターネット経由で購入するとどんな感じなのかな?と気になったので、半ば興味本位でジャンボ宝くじのネット購入にチャレンジしてみることにした。

スポンサーリンク

宝くじ公式サイトの利用には会員登録が必要

まずは【宝くじ公式サイト】にアクセス。

【宝くじ公式サイト】
インターネットや宝くじ売り場で購入できる宝くじの最新情報をご紹介します。【宝くじ公式サイト】では、ジャンボ宝くじ等の普通くじ・スクラッチ・ロト7・ロト6・ミニロト・ナンバーズ4・ナンバーズ3・ビンゴ5といった各宝くじの特徴や、宝くじ公式サイトでのネット購入方法をはじめ、宝くじ売り場情報、宝くじの発売スケジュールなどをご...

 

トップメニューの中に『ネット購入』という項目があるので、ここを選択→『ジャンボ宝くじ』をクリック。

すると、このような画面へ遷移する。

今回のみの『通常購入』と、ジャンボが発売されるごとにあらかじめ指定しておいた枚数を継続して購入ができる『継続購入』があるので、希望する方を選び、購入したい枚数を指定していく。

連番・バラともに1枚単位から購入が可能。セット購入でまとめ買いもできる。

枚数を入力したら、『カートに入れる』ボタンをクリック。

 

『ご注文内容の確認』ページが出てくるので、間違いが無いかを確かめてから、『お支払い内容のご確認へ』ボタンをクリック。

すると、このような画面が表示される。

宝くじ公式サイトから宝くじを購入するには会員登録が必要となるので、まだ未登録の場合は、新規会員登録へ。

すでに登録済みの場合はログインIDやパスワードを入力して、ログインを済ませよう。

私はまだ会員登録をしていないので、順番に沿って手続きをした。

氏名や住所、希望のパスワードなどを入力していき…

無事、会員登録完了!

 

お支払い方法の登録で予想外のアクシデント!

一通り会員登録を済ませて、次は支払いの情報を登録していく。

宝くじ公式サイトでは、今のところクレジットカード決済のみの対応となっている。

利用可能なクレジットカード会社は、以下の9社。

  • UCカード
  • ライフカード
  • クレディセゾン
  • イオンクレジットサービス
  • JCBカード
  • 三菱UFJニコス
  • オリエントコーポレーション(Orico)
  • エポスカード
  • トヨタファイナンス

さらに、本人認証サービス(3Dセキュア)有効化されていることが条件となる。

このクレジットカード登録画面で、私は思わぬ足止めを食らうこととなる。

まず私が所持しているクレジットカードが、どれも未対応ということ。

唯一使える可能性を残していたのは、楽天のデビットカード。

ブランドはJCBで、本人認証サービスの3Dセキュアも登録済みだったから。

一縷の望みをかけて、いざカード情報を入力してみたが…

残念ながら、こちらも登録できず。

どうやらデビットカードは利用不可のようだ。

さらに想定外だったのは、国際ブランドのVISA・MasterCard・アメリカンエキスプレスのカードは使用できないということ。

クレジットカード決済の便利さを謳うのならば、せめてメジャーどころのVISAやマスターカード辺りは対応していて欲しかった…。

宝くじ公式サイトのメリット・デメリット

ということで、私はここでジャンボ宝くじの購入を泣く泣く断念せざるを得なかった。

宝くじの公式サイトを実際に利用してみた感想としては、サイトのレイアウトはシンプルで見やすいものの、全体的に使い勝手があまり良くない印象を受けた。

サイトの利用方法の説明やQ&Aなどのガイドがやや簡略的なので、初めて利用する人は戸惑いを感じるかもしれない。

また、決済方法がクレジットカードだけというのも、個人的には不便に感じた。

対応しているクレジット会社も限定されているため、オンラインショップとしてはどうしても出遅れ感が目立ってしまうと思う。

自分が満足に利用できなかったゆえに少々辛口の評価になってしまったが、条件さえ合えば、自宅で好きなときに好きな分だけジャンボ宝くじを買うことができる。

店頭の長い行列に並ばなくても手軽に買えるというのは、大きなメリットでもあるだろう。

しばらく宝くじ売り場から足が遠のいていた人も、またジャンボを買ってみようというきっかけにはなるかも?

ちなみに、みずほ銀行の口座をお持ちの方であれば、『宝くじラッキーライン』というサービスからも、ジャンボをはじめとした宝くじの購入が可能となっているらしい。

私はみずほの口座を持っていないし、新たにクレジットカードを作る予定もないので、ネットでの宝くじ購入は当分お預けになりそうだ。

タイトルとURLをコピーしました