オラクルカードで3枚引きリーディングに挑戦!メッセージを読み解くコツとは?

この記事は約3分で読めます。

今日は、オラクルカードリーディングの3枚引き(スリーカードリーディング)をやってみることに。

3枚引きは1枚引きに次ぐリーディングスプレッドの基本的な形で、過去・現在・未来といった時系列の流れで読み解いたり、問題の原因となっているものや今取り組むべきことなど、1枚引きよりもさらに細かく分析しながらリーディングをすることが可能となる。

スポンサーリンク

3枚引きでセルフリーディングを実践

今回使用したカードは【ウィズダムオラクルカード】

逆位置などもあるので、リーディングの幅がより広がるのが特徴的なカードだ。

私は「今の自分に一番必要なメッセージを教えて下さい」と心の中で質問をしながら、カードを引いていった。

そして出たカードはこちら。

 

左から順番に、

【19.FLEXIBLE  柔軟性】逆位置

あまりに融通の利かない人は、成長やチャンスへの扉を閉ざし、周囲の人間は敵だという構図を作り上げてしまいます。肩の力を抜いて心を開き、もう少し柔軟なやり方に目を向けて下さい。(あなたを守るメッセージより一部抜粋)

 

【22.BLESSED  祝福】

全てが聖なる存在の計画通りになっているのだと思えるときがあります。それをはっきり表現するのは難しくても、神の祝福を受けていると感じます。突然目の前が開け、トラブルはどんどん消えていきます。(オラクルのメッセージより一部抜粋)

 

【46.REGENERATION  復活】逆位置

終わりはさまざまな形で訪れます。終えなければならないことを考えるために立ち止まりましょう。そうすれば、さらによいことが代わりに訪れるでしょう。(あなたを守るメッセージより一部抜粋)

 

1枚目と3枚目にやや厳しめのメッセージが出てきたので、少しばかりドキッとした。

それぞれのカードを総合的に見て、「成功や栄光を手にする為には、頑なに握りしめている何かを思い切って手放す必要がある」ということを伝えてきているのかなと感じた。

新しいものを迎え入れるには、それを受け入れるだけの空きスペースを確保しなければならない。

せっかく新品の服を買ったとしても、それ以上に着なくなった服たちがクローゼットを圧迫していたとしたら、収納場所に困ってしまう。

なので、もう不要だと感じるものは処分するなりして、クローゼットの中を整理していく必要があるだろう。

こういった物質的なものに限らず、心理的な部分においても、すでに要らないとわかっていてもなかなか手放せずにいるものがある。

それは自分でも薄々感づいているんだよな。

でも見てみぬふりをしてきたから、こうしてオラクルカードを通して伝えてくれているのだと。

また、カードの絵柄を眺めていて『グラウンディング』という言葉が頭に浮かんできた。

2枚目の妖精がふわふわと宙に浮いているところ、そして3枚目の溶岩から生えた1本の根ざした木、しかも逆位置。

それらを見て、今の自分はグラグラしていて、地に足がついていない部分があるのではないかという風に受け取った。

グラウンディングをしっかりすること、古くなって不要になったものを意を決して手放すことで、新しい祝福のステージに自信を持って上がっていけるようだ。

3枚引きのポイントは全体的なカードの流れを読むこと

3枚引きは、ひとつひとつのカードの特性を読み解くだけでなく、カード全体の流れを見ていくことがポイントになる。

それぞれのカードに共通するところはないか、つながりを感じるところはないかなど、細かいところにも目を配らせ、深く掘り下げながらリーディングをしていくと、いろんな気付きがあると思う。

私も3枚引きのリーディングスキルをどんどん上げていけるよう、より多角的な視点で物事を観察できる目を養っていきたい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました