オラクルカードのリーディングのコツは質問の仕方にあり?

この記事は約5分で読めます。

おもむろにオラクルカードを引いてみたは良いが、いまいちピンとこない…

メッセージが上手く読み取れない…

こんなお悩みにぶつかることはないだろうか?

自分はしょっちゅうあるなぁ…(苦笑)

実際このオラクルカードの引き方というものに、何かコツやポイントがあるのだろうか?

ここで改めて一緒に考えてみたい。

スポンサーリンク

オラクルカードへの問いかけのポイント

リーディングをするとき、あなたはオラクルカードに対してどのように問いかけをしているだろうか?

オラクルカードに質問をする際には、実はちょっとしたコツがいるのだ。

例えば、私が以前お付き合いしていた人と復縁したいと考えていたとする。

ここで、オラクルカードにアドバイスを求めようと質問をしてみた。

「この先、元カレとまた恋人同士に戻れるでしょうか?」

上記のような質問の仕方は、実はあまりオススメできないのだが、どうしてかお分かりだろうか?

オラクルカードはその種類にもよるが、YES・NOを求められるような質問に答えるのにはあまり適していないところがあるからだ。

では、どう質問をすればいいのか。文章を練り直してみよう。

先ほどの質問のニュアンスを少し変えてみると、このようになる。

『私は元カレとヨリを戻したいと思っているのですが、どうすれば再び良い関係を築くことができるでしょうか』

この微妙な違いにお気付きだろうか?

押さえておきたいポイントとしては、まず自分がどうしたいのかを明確にすること。

カードリーディングの主役は、他でもない「あなた」なのだ。

 

うちはこうしたい!と思っとるんだけど、どうすればいいかな~

 

と、友達に相談をするような感覚で問いかけると、質問の主旨が上手に伝わりやすくなる。

ここが難しく感じられて躓いてしまいがちなところでもあるのだが、回数を重ねるうちにだんだんとコツがつかめるようになってくる。

とことん練習あるのみだな!

カードを引くときはとことん「無」になろう

聞きたいことが頭の中である程度整理できたら、それを思い浮かべながらカードを引いていく。

このとき、他のことをあまり考えすぎないように、心を「無」にすることを意識する。

リーディングとは関係のないことを考えていると、リーディングの結果がちぐはぐしてしまうことがあるので注意したいところ。

余計な雑念にとらわれないよう、気持ちを落ち着かせることが大事になってくる。

私もついついリーディングに集中できなくて、他のことばかり考えてしまったりするので、自戒の意味もこめて書いてみた(;´・ω・)

オラクルカードは『絵画』だと思え!

必要な分のカードを引いたら、まずはそのカードをじっと観察してみよう。

ここでポイントとなるのは、直感を研ぎ澄ませていくこと

頭で考えすぎずにフラットな気持ちで、カードを眺める。

このカードは、いったい何を訴えかけてきているのか?

今一度心を静めて向き合ってみよう。

まるで美術館に行って絵画を鑑賞するときのように。

 

それではここでいきなりだが、実践練習といってみよう!

今回はマーメイド&ドルフィンオラクルカードから、一枚カードを選んでみた。

こちらのカードをじっくり眺めてみてほしい。

この絵柄のどの部分に目が留まるか?

カードに描かれている人物や動物たち、また一面に広がる風景などを見て、何か惹かれるポイントはないか?

など、しっかりチェックしてみよう。

あるいはカードに書かれた文面や単語のなかで、気になるフレーズが見つかるかもしれない。

絵のタッチや色づかいなど、細かいところにも目を配ってみてほしい。

ここであなたがカードを通して思ったことや感じたことの全てが、リーディングにおける貴重な情報源となるからだ。

あなたが感じ取ったもの、その直感には決して間違いはないから。

ぜひ五感をフルに活かして、カードからの声に耳を澄ましてみよう。

 

「それでも、どうしてもカードの意味が分からない!」

 

そんなときは、付属のガイドブックに助けを求めてもOK。

ガイドブックを開いてみると、それぞれのカードのベーシックな意味が解説されているので、それを読んでピンとくるワードが見つかるかも。

ちなみに先ほど引いたカードは『Ready,Set,Go! (よーい、スタート!)』という意味のカード。

あなたの夢の実現に向けて行動するなら、まさに今だよ!といったメッセージが込められている。

大きなシャチの迫力ある泳ぎっぷりやマーメイドのにこやかな笑顔を見ると、この先の未来が明るいことを予感させる。

自信を持って新たな一歩を踏み出してもいいよ!と勇気をもらえる、とても幸先の良いカードが出たと思う。

また、3枚引きなど複数枚のカードを引いてリーディングをするときは、それぞれのカードの意味に加えて、カード全体の流れをよーく観察してみて。

1枚目から順に見ていくと、まるでひとつの物語のように繋がっていたり、何かしらの共通点があることに気付くかも。

複数のカードを通して一貫性のあるメッセージを送ってくることもよくあるので、そういった点も注視していくと、より奥深いリーディングが出来ると思う。

カードリーディングは難しく考えなくても大丈夫!

以上、オラクルカードの引き方のコツについてお伝えしてきた。

ガイドブックに頼らずにカードの絵柄を通してメッセージを受け取るというのは、初心者にとってはなかなかハードルが高く感じられるもの。

オラクルカードに慣れるまでは、ガイドブックを片手にカードを引いても全く問題ないと私は考えている。

かくいう私も、オラクルカードを使い始めの頃はカードの絵柄を見ても全くもって意味が分からず、何度も途中で投げ出しそうになった。

今思えば、ガイドブックを見ないようにリーディングできるようにならなきゃ!と頑張りすぎていた面があったのかもしれない。

でもあまり自分を追い込んでしまうと、余計にオラクルカードのアドバイスが受け取りづらくなることに気づき、マイペースに大らかな気持ちでリーディングをしていこうと心に決めた。

そうすることで少しずつ、リーディングに対する自信がついてきたように思う。

どうしても分からないときはガイドブックに頼ってもいいし、「もっと分かりやすく教えて!」と、もう一枚カードを引いてもいい。

オラクルカードは決して意地悪ではないから、我々がしっかり理解できるまでとことん寄り添ってくれる。

なのであまり構えすぎずに、心と体をゆるめてリーディングをしていけば大丈夫。

心をオープンにすることで、次第にカードとスムーズに意思疎通が取れるようになってくるだろう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました