【ウィズダムオラクルカード】は使い方が難しい?初心者が実際に使ってみた感想

この記事は約4分で読めます。

オラクルカードを勝手にレビューシリーズ、第6弾。

今回は、コレット・バロン・リード氏の【ウィズダムオラクルカード】を使ってみた感想をお届けしていこう。

このカードは、見た目と中身のギャップがなかなかスゴイぞ!

スポンサーリンク

見る者を魅了する繊細で美しい絵柄

ウィズダムオラクルカードは、一般的なオラクルカードより少し多めの52枚のカードで構成されている。

アートワークは全体的に淡い色彩で、非常に繊細なタッチで描かれたものが目立つ。

この絵柄の美しさが、ウィズダムオラクルカードの大きな魅力といえるだろう。

写真の撮り方があまり上手ではないゆえに、カードの絵柄の雰囲気がきちんとお伝えできていないような気がするのだが(^_^;)

でも他の著者のオラクルカードとは、また一味違った美しさが際立っているんだよな。

カードをひとつひとつ手に取ってゆっくりと眺めてみるのも、なかなか乙なものだと思う。

分厚いガイドブックにビックリ!

ウィズダムオラクルカードは、他のオラクルカードに比べると厚めのガイドブックになっている。

カードの枚数が多いからという理由もあると思うが、それ以上にカードの意味についての解説がとても細かい。

それぞれのカードには『基本の意味』『オラクルのメッセージ』『人間関係についてのメッセージ』『成功へのメッセージ』『あなたを守るメッセージ(逆位置)』の5つの項目があり、リーディングの内容に応じて様々な解釈ができるように考えてつくられている。

 

…ん?逆位置??

 

そう、あなたもすでにお気付きかもしれないが、ウィズダムオラクルカードはタロットのように『逆位置』による解釈のしかたを取り入れているのだ。

なので、シャッフルするときもタロットみたいに上下を気にせずに混ぜて使うのがスタンダードなやり方。

ウィズダムオラクルカードとタロットとの違いは、逆位置だからといって全てが悪い意味とは限らない点にある。

そこはやっぱりオラクルカード。

もし逆位置が出ても『あなたを守るメッセージ』という形で、あなたのことをきちんとサポートしてくれる。

このように様々な観点からリーディングができる点は非常に良く出来てるなと思うのだが、ひとつ残念なのは、このガイドブックの翻訳が少々分かりにくいところ。

文章表現が「?」と感じるところが随所に見られ、やや解釈に困ることがある。

どうか私のような理解力の低い人間でも、すんなり頭に入るような翻訳に改訂して頂けると、非常にありがたいのだけど…

使い方次第でリーディングの幅が格段に広がる

全体的な感想としては、ウィズダムオラクルカードは他のオラクルカードとはいろんな意味で一線を画す存在といえる。

基本的な意味自体に若干厳しめのメッセージを含むものもあるので、ズバッと斬り込んでくるようなイメージが先行する感じだ。

見た目は優しくて穏やかそうだけど、話してみると意外とサバサバしてて、時に毒舌交じりになることも。

そんなギャップと芯の強さを感じる、良い意味での二面性を持ったカードだと思う。

私はこのカードを購入して間もないこともあって、未だに手探り状態でリーディングしている感じなのだが、気分が沈んでいるときにおもむろにカードを引くと、けっこうグサッとくるメッセージが降りかかってくる時があったりして、「今それ言うかぁー( ;∀;)」とさらに泣きそうになる。笑

精神的ダメージが大きいときやナイーブになっているときに無闇にカードを引くのは、個人的にはあまりオススメしないが(汗)、「生ぬるいアドバイスよりも、ズバッとハッキリ言っちゃって!」なんて時には、なかなか頼りになる良い仕事をしてくれるのではないかと思う。

 

≪管理人の個人的評価≫
初心者おすすめ度:★★★★
絵柄の美しさ:★★★★★
ガイドブックの分かりやすさ:★★★

 

ガイドブックの翻訳のまどろっこしさがある点以外は、高く評価できるカード。

恋愛や人間関係などのあらゆるテーマに応用できるし、逆位置もあるので、いつものリーディングとはまた違う楽しみ方ができるだろう。

私もまだ感覚を掴みきれていないところがあるので、もっと使い込んでウィズダムさんの魅力をさらに発見していきたい。

以上、【ウィズダムオラクルカード】のレビューをお届けしてきた。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました