新元号『令和』の意味が分からないので出典元の万葉集の現代訳などを改めて調べてみた

この記事は約3分で読めます。

2019年4月1日、午前11時30分。

かねてより国民からの注目を集めていた新元号の発表がついに行われ、新しい元号は『令和(れいわ)』になることが正式に決定した。

発表前、巷では新元号に関して、『安』という字がつくだの何だのと実に色々な予想が飛び交っていたけど、実際に当たっていた人は果たしているのだろうか。

あれやこれやとホラ吹いてた連中は、今すぐ謝れ!

というのは冗談だけど、それよりも個人的に気になるのは、この新元号の意味。

私もリアルタイムで菅官房長官の会見のニュースを見ていたが、パッと聞いた瞬間、私は?マークばかりが頭に浮かんでしまって、いまいちよく分からなかった部分が多い。

『令和』という二文字に、いったいどのような思いが込められているのだろう。

スポンサーリンク

『令和』の令の字は万葉集からの引用

新元号に使われている『令』の字は、日本最古の歌集として有名な『万葉集』より引用。

今までは中国の古典から引用されることが多かったらしいが、日本の古典からの出典は今回が初めてとのこと。

実際に引用されたのは、梅花の歌・32首の序文で歌われている【初春の令月(れいげつ)にして気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後(はいご)の香を薫らす】という一節から。

…と言われましても、この和歌の意味がさっぱり分からなかったので、現代語訳を改めて調べてみたところ、こちらの訳文を発見。

<訳>
折りしも初春の佳き月で、気は清く澄み渡り、風はやわらかにそよいでいる。梅は佳人の鏡前の白粉のように咲いているし、蘭は貴人の飾り袋の香のように匂っている。

※引用元はこちらの記事↓

新元号『令和』の意味を安倍晋三首相が自ら解説 「人々が心を寄せ合う中で文化が育つ」 | まとめまとめ
安倍晋三総理大臣が新元号「令和」の意味を自ら解説しました。万葉集に由来する言葉で、「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」という意味が込められているとのこと。この場合の、『令』という語には「命令・法律」という意味はなく、「よい・めでたい」といった意味になります。

つまり、春先に咲きはじめた梅の花のことを、おしろいで美しく着飾った女性のように例えているわけですな。

ちなみに『令月』という言葉には、【 何事をするにもよい月。めでたい月。】という意味があるのだそう。

安倍総理の談話でも「厳しい寒さのあと、見事に咲き誇る梅の花のように」そして、「ひとりひとりの日本人が、明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたいとの願いを込めて」と語っていたように、新しい時代を象徴するにふさわしく、とても風流かつ柔和な雰囲気で、前向きな明るい意味が込められているんだなという印象を持った。

春のはじめを歌った和歌を持ってくるあたり、今の季節感にも合ってる気がするし。

約30年続いた『平成』から『令和』という新たな時代へ

ということで『令和』という新元号の意味について、改めてリサーチしてみた。

こうして新しい元号が発表され、とうとう平成の時代も終わりを迎えるのかと思うと何だかちょっと寂しいような気もするけれど、令和という文字通り、春を迎えるときのように希望に満ちた、そして国民みんなが和やかに暮らせるような時代へとバトンをつなげていけるよう願うばかりだ。

ちなみに結構勘違いしている人がいるみたいだけど、新しい元号に変わるのは2019年5月1日からですよ!今日からじゃないよ!w

タイトルとURLをコピーしました