花粉の飛散状況を教えてくれる『はなこさん』って知ってる?その正体とは

この記事は約3分で読めます。

もうすぐ花粉の季節がやってくる。

毎年のように、鼻水やくしゃみなど、花粉症の症状に悩まされている方が、きっと多くいることだろう。

特に2019年は、花粉飛散量が例年以上に多くなると予想されており、地域によっては、いつもの年の7~9倍にもなるという話もあるそうだが…。

「今日は花粉がどれだけ飛んでいるのだろう?」

「花粉の飛散状況を、リアルタイムで知ることが出来たらいいのに…」と思われている方が、もしかしたらいるかもしれない。

そんな方々に一度チェックしてもらいたいのが、『はなこさん』

はなこさんって、もしやあのハナコさん…??

スポンサーリンク

花粉の飛散状況をグラフで確認できる『はなこさん』とは?

花粉の飛散状況を教えてくれる『はなこさん』の正体は、環境省のホームページで公開している環境省花粉観測システム(はなこさん)のこと。

皆さんだいたい予想がついていたかと思うが、実在する人物でも、かの有名な『トイレの花子さん』でもない。

こちらでは、日本全国の花粉の飛散数などのデータを、グラフや表などで可視化。

北海道・東北・関東・中部・関西・中国四国・九州の計7ブロックに分けられた地域別のデータを随時チェック出来るシステムになっている。

観測データは1時間ごとに更新されており、その都度新しい情報を確認することができるのだ。

というわけで、私も試しに利用してみることに。

今回は例として『関東地域』のデータを閲覧してみた。

地図上に表示されているのは『花粉飛散数』『風向き』のデータ。

各地域の測定局がある場所に赤い●印がついているが、これが『花粉飛散数』を示すマークだ。

丸の大きさが大きくなるほど、花粉の飛散量が多いということらしい。

私がこちらを閲覧した日にちは、2019年2月3日。

まだ2月の初旬ということもあり、花粉の飛散量はそこまで多くはないようだが、よく見ると小さい丸印がところどころで確認できるので、わずかながら既に花粉が飛んでいるということだろう。

青い矢印←で示された風向きのデータも一緒にチェックできるので、自分の住んでいるところに花粉が飛んでくる可能性なども、ここでだいたい予測ができるのではないかと思う。

こちらの地図上のデータは、2日前までさかのぼって確認できる。

また、各市町村にある測定所ごとにまとめられた表データの閲覧も可能となっており、より詳しいデータをチェックすることができる。

花粉の飛散情報をこまめにチェックして賢く対策をしよう!

ちなみにこちらは、東北エリアは2月15日から、北海道エリアは3月の中旬ごろからデータの公開が始まるそうだ。

それ以外の地域については2月1日より閲覧可能となっているので、花粉の飛散具合が気になる方は、ぜひ一読してみてはいかがだろうか。

『はなこさん』というネーミングセンスはともかく、花粉についての比較的新しい情報が得られるなど、何かしら役に立つことがあるだろうと思うので、参考までに。

環境省花粉観測システム(はなこさん)
タイトルとURLをコピーしました