ネットビジネスの詐欺コンサルに騙されて10万円をドブに捨てた話③

この記事は約10分で読めます。

前回の記事の続き↓

ネットビジネスの詐欺コンサルに騙されて10万円をドブに捨てた話②
前回のこちらの話題の続き↓ 前回の記事では、とあるネットビジネスの怪しげなコンサルを受講する運びとなったのだが、初回から早々、約束の時間にコンサルタントと連絡が取れず、結果的にすっぽかしを食らったというお話までをお伝えしてきた...

これまで、現在私が受講しているネットビジネス系のコンサルティングの対応が杜撰すぎる件についてお伝えしてきた。

このコンサルの実態が少しずつ明るみになってきて、ついに堪忍袋の緒が切れたので、勇気を振り絞って返金を願い出てみる決意をしたのだ。

今回は、コンサルタントと私の間で繰り広げられたバトルの模様と、その結末についてお送りしていきたいと思う。

スポンサーリンク

ついに返金交渉を吹っ掛けてみた!

前回の記事でも、先方のコンサルタントのレスポンスが遅くてイライラする!という一件について書いたと思うが、私が返金交渉を試みるきっかけとなったのも、まさにその出来事だった。

前回受けたレクチャーでは、ブログを作ること、SNSアカウントを作ってフォロワーを集めることを指示されたが、その後、SNSのフォロワーを一定数集めることができたため、次の段階では何をすればよいか教えてほしいと申し出た。

すると、参考アカウントと称するスクリーンショット画像を1枚送ってきただけで、その後何の説明もなく連絡がパタリと途絶えてしまった。

その画像と一緒に「少々お待ちください!」という一言があったので、素直に待っていたのだが、2日、3日経っても連絡はなく…

結局10日ほど待っても、一向に連絡が来る気配が無い。

(いくらなんでも遅すぎる!!)

流石の私ももう黙ってはいられないと思ったので、LINEでメッセージを送ることに。

 

私から送ったメッセージの内容を簡潔にまとめると、だいたいこんな感じ。

●前回Twitterアカウントのスクショを送ってきただけで何の説明もなく、その後何日も連絡がない。前々から気になっていたのだが、当方に対しての一連の対応の仕方があまりにも雑過ぎるのではないか。

●マニュアルを全編提供できない理由として、情報が外部に漏れるのが怖いからと言っていたが、既に料金を全額支払っている立場の当方に対する配慮に欠けた発言なのではないか。入手した情報を故意に流出させるような人間だと遠回しに言われているようで、不快感を覚えた。

●今後もこのような状況が続くのであれば、当方はこれ以上コンサルを受け続けることはできない。本日限りでコンサルを打ち切ってもらって結構なので、返金手続きをしてほしい。

 

なるべく感情を抑えて冷静に文章を綴って送ったつもりだが、先方からはこのような返事が返ってきた。

連絡が遅れてすみません。なるほど、ちなみにTwitterアカウントは参考にされましたか?

初っ端からそれ聞く?だから画像を送り付けてくるだけで説明なしでは、何をどうすりゃいいか分からんかったって、さっきも言っただろうが!

 

マニュアル提供の件についての回答は…

別に○○さん(私のこと)を疑っているわけではないのですが、以前にそういったようなことがありまして。

…いやいや、めっちゃ疑ってるじゃん。過去に何があったとか、こちらからしたらどうでもいい話。

 

LINEの返信・回答がいつも遅い件については…

連絡が遅れたのは、他の方への対処と自身の体調不良が原因です。申し訳ございません。さすがに返金はできないのですが、ノウハウの動画などはお送りしますので、それを見てまた進めて頂きたいです。

やむを得ない事情があるのなら、LINEで一言でもいいので遅れるという旨を伝えてもらえれば、それで済むこと。何日も放置とか有り得ない。

 

先方は断固として返金に応じるつもりは無いようで、こちらから再三申し出ても、

あなたのお気持ちも分かるのですが、最初に述べたように返金は出来ません。

の一点張り。

 

ここで私は、

どんな理由があっても一方的に返金をしない、認めないというのは、法に違反する行為だと思うのですが、その辺についてどのようにお考えでしょうか?

と聞いてみた。すると…

最初に返金の条件は書いて送ってますよ!

(…これって質問の答えになってます?)

最初にどこに書いて送ったんだよ、そんなん全然聞いてないけど?と思った私は、

返金の条件など、私は申し込み時に一切聞いておりませんが。

と返信。そしたら、こんな返答が。

一応Paypalの注意事項に書いてまして。

(一応って…)

それならば、PayPalでの入金手続き時に、そのような記載がある旨を事前にきちんと説明すべきではないですか?そこで双方が合意したうえで本契約をするのが常識的なやり方だと思いますが。

 

基本的に返金といった事が無いので皆様には入金の際に注意事項を記載して納得して頂いてます。もちろんここからもアフィリエイトを広げていくのですが、一応元は既に取れてると思いますので返金等は伺えないです。与えれるものは全て与えますのでその点はご了承お願いいたします。

 

元は既に取れている…か。

 

そう、勘の良い方はもうお気付きかもしれないが、「元はすでに取れている」というこの言葉の意味は、初回のコンサルのときに実践するよう指示された『セルフバック』のこと。

これで10万円ぐらい利益を出してほしいと言われていたやつだ。

先にセルフバックを利用してコンサル代の元を取らせることで、もし本編のアフィリエイトを実践しても成果が出ず、苦情が来たとしても、元は取れてるんだからそれで文句ないだろうと上手く言い逃れをして、余計なクレームを回避できる。

当初からそういう目論見で、このコンサルをやっていたのだろう。

 

念のため、返金の条件とやらをペイパルの管理画面で確認してみたら、このような文面が書かれていた。

こちらのコンサルティングは売り上げが出るまで行えます。 セールスまでして売り上げが一円も出ない場合はコンサルスタートから24時間以内にセールスしたページのスクリーンショットを送って頂ければ全額返金いたします。

何かすごく分かりづらい文章表現…。

一般的なアフィリエイトの方法だと、ブログを作ったりSNSを立ち上げたりなどといった土台作りが必須になってくるので、普通に考えればコンサルを始めてから24時間以内に売上を発生させるなんて、ほぼほぼ不可能。

それにコンサルスタート時にセルフバックをレクチャーすれば、少なくとも1円は売り上げが発生するという風にも取れるので、『何を言われようが返金なんかしねーよ!』と暗に言っているようなものだ。

 

この後も双方とも主張を曲げることなく、平行線を辿ったまま。

いつまで経っても折り合いがつかなそうな空気だったので、不本意ではあるが仕方なくこちらが折れることに。もうやり取りするのも疲れてしまったので。

 

分かりました。このまま話していても埒が明かないので返金の話はもう良いです。その代わりコンサルで学ぶノウハウのコンテンツ全てをきちんとした形でご提供頂けますか?当方はそれなりの金額を前もってお支払いしているので、それに見合った商品を受け取る権利があるはずです。今後実践していくかは、内容を見てから判断します。

 

すると、先方からの返事。

分かりました!送りますね😊

 

絵文字使うなーーーーー!!!(怒)

この話の流れで、よくニコニコ笑顔の絵文字なんか使えるな。無神経にも程があるぞ。

コンテンツの中身を見てまたもや驚愕!

結局、コンサルの学習内容のコンテンツを全編まとめて送ってもらうことになったのだが。

そういうコンテンツがあるんなら、代金払った時点で出し惜しみなんかしないでシェアしろよって話だ。

しばらくすると、動画やテキストファイルなどのデジタルコンテンツがまとめて送られてきたので、ひととおり閲覧してみた。

だが、その内容のほとんどは、「○○する方法はこちらを参考に」と言って他所のウェブサイトのリンクを紹介しているだけという、何とも薄っぺらいもので。

しかもそのリンク先の情報が微妙に古かったり、ひどいと全く見られなくなっているものまであった。

リンク遷移先のほとんどが他サイト、つまりはGoogle様に聞けばいくらでもタダで教えてもらえるような程度の情報ってこと。

そこには独自性とか稀少性など、微塵も感じられない。

 

唯一、このコンサルタント本人が制作したと思われる動画があったので、それを観てみた。

その中で、商品紹介のランディングページ制作に使うような写真素材を入手する方法をレクチャーしていたのだが、画像を入手できるサイトとして紹介していたのは、某ストックフォトサイト。

こちらは基本的に有料で、各種素材を手に入れるには、別途ライセンスを購入する必要がある。

にもかかわらず、この動画内では、お目当ての画像を見つけた後、あろうことか画像を右クリックして『名前を付けて画像を保存』し、そのまま普通に使用していたのだ。

 

(え?嘘でしょ?いま完全にパクったよね?画像泥棒じゃん!)

開いた口が塞がらない…私はリアルにそんな状態だった。

今どきは高品質なフリー素材サイトがたくさんあるのに、有料の写真素材を平気でパクるとは何事だ。

しかも、下手をすれば著作権侵害にも該当しかねない不正行為を、悪びれる様子もなく堂々と他人に教えるなんて。

何にも知らない超初心者の人だったら、これを見てそっくりそのまま真似してしまう可能性だって大いにある。

果たしてこんなことが許されて良いのだろうか。

端から期待してなかったとはいえ、あまりにもひどすぎるコンテンツの数々。

とてもじゃないが、10万円という金額に見合った価値のある内容とは思えない。

私が思うに、先方の主な目的はあくまで受講生にセルフバックを実践させ、代金の元を取らせることであり、コンサルティングの質で勝負する気などさらさら無いのだろう。

支払った金額の元を取れれば受講生からのクレームが発生しにくくなるだろうし、コンサル代は全て自分の利益としてそのまま入るわけだから、アフィリエイト初心者をターゲットにすれば占めたもの。

まあ良いご商売だこと。(ただただ軽蔑)

こんな中身スッカスカでカッスカスなコンサルがビジネスとして成り立っているというのが非常に腹立たしい限りだが、それ以上に自分史上稀に見るゴミ案件にまんまと騙された自分自身が一番大バカ者だったな…と、情けなさと後悔と悲しみが次々と押し寄せるばかりだった。

一応弁護士さんにも相談してみたけど…

当事者間だけでは建設的な話し合いが一向に出来ないので、一応弁護士の無料相談なるものを利用してみたものの、法律事務所の反応は意外とシビアで。

情報商材や副業の詐欺事例を中心に扱っているようなところであっても「うちではコンサルに関するトラブルの事例には対応できない」と断られてしまった。

返金請求自体はできるが全額返ってくるという保証はないし、ケースによっては弁護士費用が高くついてしまって、結局手元に戻ってくる額はごくわずかになってしまう…なんてこともあるようだ。

弁護士費用などが掛からない消費者センターへの相談も勧められたが、私は一応個人事業主という立場なので、そもそも消費者センターへの相談は対象外らしく…

大した収入もないくせに開業届など出してしまったことを、心底後悔したのは言うまでもない。

今回の場合は、セルフバックで完全に元を取れているとまでは言えないものの、一定額の収益が出ているという事実もあるし、あまり事を荒立てても無駄な労力を使うだけなので、心のモヤモヤは残るが、高い勉強代だったと思って目を瞑るしかないと思っている。

もう少し被害額が大きければ、良い弁護士さんを見つけて戦ってみてもいいのかもしれないけど。

安易に契約するのは危険!絶対に騙されないで!

ということで、かなり長編になってしまったが、ここまでネットビジネスコンサルの詐欺にあった話をほぼノンフィクションでお伝えしてきた。

私はこれ以降、このコンサルタントとは一切連絡を取っていないし、これまでに教えられたノウハウを実践するつもりもない。

このコンサルのTwitterアカウントが凍結されていたり、過去にノウハウが不用意に漏れた経験があるといった点から見ると、もしかしたら私以外にも同様の被害に遭われた方がいて、せめてもの報復としてTwitter社に通報したり情報を流したりしてるんじゃないかと勘繰ってしまったりもする。

あくまでも私の勝手な想像でしかなく、真相は定かではないが。

事の詳細を結構赤裸々に綴ってきたため、もし私が今回このような記事を書いたのが先方に知られてしまったら、身バレするリスクが大いにある。

それでもここまで包み隠さず話してきた理由は、ネットビジネス業界に蔓延る情弱の人たちを狙った詐欺まがいの高額塾やコンサルティング、オンラインサロンの実態を少しでも多くの人に知ってほしい。

そして何より、これを読んで下さった皆さんには、私と同じような思いはしてほしくないという切なる願いがあるから。

この記事を書くことで、近年増加している詐欺被害を減らす一助となれれば幸いに思う。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました