ネットビジネスの詐欺コンサルに騙されて10万円をドブに捨てた話②

この記事は約10分で読めます。

前回のこちらの話題の続き↓

ネットビジネスの詐欺コンサルに騙されて10万円をドブに捨てた話①
先日、Twitterのタイムラインにて少しばかりお騒がせしていた、ネットビジネスコンサルの件。 いま私は、とあるコンサルティングを受けていて、その内容があまりにもひどいために、「もしかしたら、これって詐欺では…」と、フォロワーさんにご...

前回の記事では、とあるネットビジネスの怪しげなコンサルを受講する運びとなったのだが、初回から早々、約束の時間にコンサルタントと連絡が取れず、結果的にすっぽかしを食らったというお話までをお伝えしてきた。

その後、先方からは一応お詫びメールが届いたのだが、私は約束を破られたことに内心怒り心頭。

だが、私は露骨に怒りを表すことはせず、「いえいえ、大丈夫ですよ~」と、全く気にしてない風にサラッと対応をした。(本当は一発殴ってやりたいぐらいだったけどな)

まあ、そんなこんなで色々あったわけだが、今回はその続きをつらつらと綴っていく。

スポンサーリンク

今すぐにアフィリエイトの成果を発生させる方法とは?

前回、コンサルの説明を受けて申し込みをするかどうか迷っていた私に、コンサルタントが放った一言。

「じゃあ、今日売上を上げてみない?」

詳しいやり方までは教えられないが、実際に利益を上げてみないと実感がわかないだろうから、今日頑張って売り上げてみましょう!と。

すぐに売り上げを上げられる手法って、一体どんなやつなん?

そう思いながら、実質初回のコンサルがスタート。

 

ではまずアフィリエイトでお金を稼いでいく方法を少しずつ教えていければと思うんですけども……A8.netって知ってます?

はい、既に登録してます。(一応アフィ経験者だからな、前に話しただろ)

あ、そうなんですね~。じゃあ、セルフバックってやったことあります?

はい、ありますけど。

なるほど、そのセルフバックってひと通りやりましたか?

…まあ、クレジットカード作ったりとかは以前にやったことがありますけども。

なるほど、じゃあ一旦それをもう一度やってもらえますか?そのセルフバックで、だいたい10万~15万円ぐらい利益をつくってほしいんですよ。

(…は?)

 

そう、今すぐに利益を上げられる方法として教えられたのは【セルフバック】だったのだ。

ご存知ない方の為に簡単に説明すると、セルフバックというのはいわゆる『自己アフィリエイト』とも呼ばれる方法のひとつで、自分自身でアフィリエイトの広告リンクを踏んで、商品を購入したり会員登録をするなどして利益を得ること。

美容系であればエステや脱毛の申し込みだったり、化粧品の購入、エンタメ系ならば動画配信サイトの会員登録など、実に色んなジャンルが揃っている。

クレジットカードをつくったりFX口座を新規開設したりすると、10000円以上の高額報酬を得られることもあるため、初心者も比較的簡単に実践しやすい。

だが、こういった高額案件は魅力的である一方、個人情報を細かく入力しなければならないなど、いくつかの条件をクリアしなければ成果が非承認となることもあるため、人によっては意外とリスクがあるしハードルも高いのだ。

 

私はアフィリ経験だけはそこそこ長いので、セルフバックの件はとっくの昔から知ってるし、過去に色んなサイトで申し込んだりしてるので、今更またセルフバックをやれって言われても、出来る案件が限られてくる。(セルフバックが利用できるのは、基本的に1人1回のみだから)

それに私はコンサルを申し込む際にアフィリエイト経験がひと通りあることを、一応コンサルタントには伝えてあるはずだ。

なのに、なぜこんな初歩的なことを教えられなければならないのか。

人によって考え方は違うのだろうが、私はわざわざ資金作りのためだけに、別に必要ないクレカや口座などを作るなんてことはしたくない。解約手続きとか後々面倒なことになるし。

心の中ではブチ切れていたけれど、とりあえずやってみろとしきりに言うので、新規会員登録をしたり、記事作成ボーナスを目当てに新しく記事を書いたりして、何とか7万円程の未確定報酬を得るところまでたどり着いた。

しかしなぜブログの仕組みづくりをする前に、このような資金を集める必要があったのか。その理由が後日明らかとなるのだが、それはまた追々。

 

コンサル代金の催促がしつこい!

このセルフバックの指導を受けているときに、もう一点カチンときたのは、「コンサル代金の未払い分は、いつ払うつもり?」という催促が、とにかくしつこかったこと。

私はその前日にコンサルを申し込んだ際、「今すぐに一括でお支払いするのは難しいので、分割払いにしてほしい」と先方に申し入れていた。

それで、コンサル価格の約3分の1を支払っていた状態だったのだが、その翌日に残額早よ払えと言われたのだ。

いやいや、昨日の今日ですよ?そんなすぐに払えるわけないでしょ。

しかも昨夜コンサルの約束をすっぽかされ、今日に至っては、利益をすぐ上げる方法としてセルフバックを教えられ、正直言って貴方への信用度はゼロに近いのに、スッと払えるわけないじゃん…。

 

そんな具合にイライラだけが募っていたのだが、現金で払う?それともカード?と、またもや勝手に話を進めるので、

「どうしても今日中に払わないとダメですか?」と聞くと、

「できれば今日がいいですね。どうしても無理というなら、いつまでに払うと日にちを決めてもらえれば」と言うので、

「コンサルを受けて実際に成果を出せれば、すんなりお支払いできるんですけどね!」と、少々苛立ちを露わにしつつ言ってみた。すると、

「まあまあ、それは皆さん言われることなんですけどね~w」みたいな感じで軽く流され…。

それ以降もずっと引き下がらないので、

「じゃあ今日は2万円だけお支払いします。10万円のうちの半分をお支払いという形で、とりあえずご納得頂けませんか?」

という主旨のことを伝えると、ようやく了承。

こんなに金払えとしつこく迫られると、(この人、本当に稼げているのだろうか?実は生活がめっちゃ苦しいんじゃないの?)という疑惑がだんだんと膨らんでしまうばかりで。

ますます不信感が募る一方だった。

その後もLINE通話で1~2回ぐらい話す機会があったが、やはりその度に残額分の支払いを要求された。

結果的にはそれに押される形で全額払うことになってしまうのだが、今となっては、ただ後悔しかしていない。

 

コンサルの内容も対応もずさんなことだらけ!

セルフバックの件をクリアした後、ようやく本編のアフィリエイトの作業に入ることに。

この時点でざっと説明されたことをまとめると、

 

①ブログを作成(ジャンルは何でもいいが、アフィで稼ぎやすいジャンルを選ぶ)
②SNSアカウントを開設し、フォロワー集め。
③LINE@のアカウントを開設

 

この流れから推測するに、SNSでフォロワーを集めてLINE@に誘導、そこからブログに誘導して報酬を発生させる。

おそらく、そういう集客の仕組みをつくっていくのだろう。

まあこの方法自体は、ネットビジネス界隈ではごく一般的なやり方で、別に珍しくもなんともないのだが。

この時は、詳しいやり方が書かれたテキストやマニュアルなどは特に配布されず、LINEのトークでざっくりしたレクチャーを受けるのみ。

このレクチャーというのが、もうイライラするぐらいテキトーで。

何だろう、全体的に説明が雑というのもあるが、根本的に相性が悪いのか、会話が今ひとつ噛み合わないというか、コミュニケーションが円滑にとれない。

ただブログについては、コンサルタントが実際に利益を出しているブログを見せるので、それを参考にしてと言われ、URLが送られてきた。

 

お!実際に稼いでいるサイトを公開してくれるなんて、なかなか良心的な面もあるじゃん!

 

淡い期待を抱きつつ、URLに飛んでひと通り確認してみたら、ここで衝撃の事実!

そのブログはなんと、2年ぐらい前から記事の更新が止まっていて。

しかも、リンクが貼られていたLINE@のアカウント。

『このアカウントを友だち追加してくれたら、無料レポートをプレゼント!』と書かれているにも関わらず、実際に登録してみたら、その無料レポートはすでにファイルが削除されていてダウンロードできず。

実質このLINE@も機能していなかったのだ。

 

(…おい、本当に今もこれで収益を得ているのか??)

またまた疑惑がふくらみ始めた私は、コンサルタントに上記の質問をそこそこ直球で投げかけてみた。

ブログ拝見しました。最近は記事の更新をほとんどされていないようですが、今もこのブログで利益を出されているんですか?

そしたら、ものの見事にスルー!

なるほどねぇ、そちらにとって都合の悪い質問は全力でスルーしちゃうタイプなんだね…

 

 

……ふ・ざ・け・ん・な!

 

マニュアルの提供をある理由で拒否される

こうして日を追うごとに、このコンサルの実態が少しずつ見え始めてくる。

なかでも個人的なイライラの発生源となっていたのが、『こちらからLINEで質問しても返信が遅い、しかもその返信内容がすごく分かりづらい!』ということ。

先ほども言及したが、このコンサルタントとの相性がすこぶる悪いのか、こちらの質問の意図が伝わらずにとんちんかんな回答が返ってきたり、そもそもその返信が遅かったりと、お互いの意思疎通がお世辞にもスムーズにいっているとは思えなかったのだ。

SNSアカウント作成の詳しい手順を聞いても、参考用アカウントと思われるスクリーンショットの画像を送り付けて「これを参考にして下さい!」と言ってくるだけ。具体的な説明など一切なし。

そもそもこの画像のアカウントが、私が希望しているジャンルと全然違うもんだから、一体どこをどのように参考にすればいいのかが全く理解できず、逐一こちらから質問を投げかけないといけない。

常にこんな感じなので、LINEのやり取りだけでものすごく神経を使うため、私はほとほと疲れてしまっていた。

 

そこで、もしマニュアルやテキストがあるのなら、それを先に提供してもらって自分のペースで作業を進め、それでも分からないことが出てきたら質問をするという形にしたい!と、先方に提案してみることに。

すると、先方からこのような返事が。

そうですね、完全なマニュアルを出すと外に漏れたりするのが怖いので、一部ずつになりますが送りますね!

(…ふーん。外に漏れるのが怖い…ねぇ。)

 

えーっと、まあ、そこまで稼げる素晴らしいノウハウだというのなら、そりゃ外部の人間には極力知られたくないでしょう。

それは確かに分かる。

でもさ、これ、私のことを完全に疑ってません?

機密情報を無闇に流出させるような質の悪い人間だと、そう思ってるのか?

こちらは、ろくに素性も分からないような貴方に対して、すでに10万円もの大金を、分割だけど何とか工面して支払ったというのに。

それなのに、ノウハウは完全には教えられない、渡さないって、あんまりじゃないだろうか。

そもそも論だが、そんなに人のことが信用できないなら、情報が漏洩するのが怖いのなら、最初から赤の他人に向けてコンサルティングなんかやらなければいい。

なぜわざわざそこまでして、人に教える必要がある?

 

さらにこのやり取りをしている間に驚愕の事実が判明する。

あのほぼ嘘つきなキャッチコピーを振りまいて受講生を募集していたTwitterアカウントが、いつの間にか凍結されていたのだ。

ますます怪しさが増してくるばかりの状況を総合的にみて、私は「もうこれ以上続けられない、やってられん!」という思いが強くなりつつあった。

コンサル生の募集要項に『LINEの返信が早い人』とか書いてたくせに、当の本人が返信するの遅いし、こちらは代金を一応全額支払ったんだから、せめてマニュアルを全編受け取ってノウハウの全体像を把握する権利ぐらいあるでしょって思うし、そもそもツイ垢が凍結されてて戻る気配がないとか言語道断なんですけど!

今まで押し込んでいた様々な感情がついに爆発した私は、勇気を振り絞って返金交渉を試みることにした。

 

続きを読みたい方はこちらの記事へどうぞ↓

ネットビジネスの詐欺コンサルに騙されて10万円をドブに捨てた話③
前回の記事の続き↓ これまで、現在私が受講しているネットビジネス系のコンサルティングの対応が杜撰すぎる件についてお伝えしてきた。 このコンサルの実態が少しずつ明るみになってきて、ついに堪忍袋の緒が切れたので、勇気を振り絞...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました