七草粥にはどんな効能があるの?春の七草に込められた意味とは

この記事は約3分で読めます。

お正月を過ぎた1月7日に食べると良いと言われる『七草粥』

そもそもいつから七草がゆを食べる習慣があったのかという話だが、それは今からはるか昔の江戸時代の頃からと言われていて、現在の1月7日にあたる「人日(じんじつ)の節句」の朝に、生命力が高く邪気を払うとされている春の七草でお粥をつくり、家族皆の無病息災を願いながら食べていたのだとか。

現代では、お正月にたくさんのごちそうを食べて疲れた胃腸を、栄養豊富な七草粥で労わるという意味でも多く食べられている。

ところで、春の七草の名前をあなたは全て覚えているだろうか?

スポンサーリンク

春の七草のそれぞれの意味を知ろう

春の七草は「セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・スズナ・スズシロ」

子どもの頃に何度も暗唱して覚えたという人もいるかもしれない。

この七草の種類は、地域によって多かったり少なかったりすることもあるらしいが、一般的に知られているのはこの7種類だろう。

七草粥は、あっさりした味付けで胃腸に優しいイメージだが、実は七草にはそれぞれ違う効用がある。

  • 芹(セリ)…香りの良さが特徴。ビタミンAやB群、鉄分、カリウムが豊富に含まれており、食欲増進や造血作用の効果が期待できる。
  • 薺(ナズナ)…別名ぺんぺん草。消化促進や解熱作用、利尿作用などがある。むくみの解消にも効果的。
  • 御形(ゴギョウ)…かつては草餅の材料として使われていた。胃腸の健康を保つほか、解熱作用や去咳の作用があるため風邪の予防にも効果的。
  • 繁縷(ハコベラ)…胃弱や腹痛の薬としても用いられていた。ミネラルやタンパク質を多く含んでいる。また目に良いとされるビタミンAも豊富。
  • 仏の座(ホトケノザ)…別名タビラコ。タンポポに似た見た目をしているのが特徴。食物繊維が豊富で胃腸を整えたり食欲増進の効果が期待できる。また高血圧や筋肉痛にも効果的。
  • 菘(スズナ)…蕪(カブ)の別名。ビタミン類が豊富で風邪の予防や冷えからくるお腹の痛みにも効果的。
  • 蘿蔔(スズシロ)…大根(ダイコン)の別名。ジアスターゼ(アミラーゼ)という成分の作用で消化を助ける効果がある。気管支系の症状の予防や、ひび割れなどの皮膚症状の予防にも効果的。

七草粥は健康にも美容にも嬉しい!

このように、春の七草にはそれぞれ異なる特徴があることがお分かり頂けたのではないだろうか。

胃腸の健康維持だけでなく、むくみの改善など、女性にとってもうれしい効果が期待できる七草粥。

今はスーパーなどでも七草が全種類入ったセットが売られているので、ご家庭でも手軽に作れるようになってきていると思う。

でも、ふつうの七草粥は味がどうも苦手!という人もいらっしゃるのでは?

そんなときは、作り方を少し工夫することで、また違った楽しみ方ができるかもしれない。

COOKPADでは、七草がゆのアレンジレシピが紹介されている。

チーズやツナ缶で!子どももパクパク食べやすい「七草粥」アレンジレシピ4選 | クックパッド
七種の野菜がはいった七草粥。年末年始の食べすぎた胃を休ませる役割も。子どもも食べやすいレシピを紹介!

こういう時に頼りになるクックパッドはマジで神だな。

1月7日の朝食タイムは是非とも、今年一年の健康と幸せを祈りつつ、あったかい七草がゆを味わってみては?

タイトルとURLをコピーしました