クリぼっち女子のクリスマスイブの過ごし方あるあるを考えてみた。

この記事は約4分で読めます。

♪もーういーくつ寝ーるーとー、クーリースーマースー♪

さあ、今年も間もなくクリスマスがやってこようとしている。

クリスマスの過ごし方は十人十色。

家族や友達と一緒に盛大なパーティーをする人も居れば、恋人やパートナーとロマンチックなひとときを過ごす予定の人もいるかもしれない。

そんな中、今年もひとりきりで過ごす『クリぼっち』の人もいるのではないだろうか。

私もここ数年ずっとそんな感じだ。

まあ厳密に言えば、私は両親と一緒に住んでいるので完全にぼっちではないが、特別クリスマスらしいことをするわけでもないので、実質クリぼっちのようなもの。

そこでふと思ったのが、クリぼっちの皆さんはクリスマス当日を実際はどのように過ごしているのかなということ。

どこまでも暇人な私は『クリぼっちあるある』をいくつか考えてみることにした。

ここから先は真面目なことを書くつもりは一切ないので、半分ネタだと思って軽く受け流しながら読んでいただければ幸いに思う。

スポンサーリンク

クリぼっちあるある5選。あなたには当てはまる?

①仕事やバイトなどに明け暮れる

クリぼっちを回避するためによくやるパターンは『仕事』に逃げること。

年末限定の短期のバイトをしたりとか、クリスマスに予定がある職場仲間とシフトを交代してあげたりとか。

クリスマス当日は自分仕事だし!というそれらしい理由や口実をつくれるし、仕事にひたすら打ち込んでいれば、他人からもクリぼっちだと悟られにくくなる…かも?

②ここぞとばかりに大掃除を始める

イブもクリスマス当日もたまたまお休み。でもこれといった予定がない!

そんな時によくやりがちなのは、家の大掃除だ。

たいがい一度やり始めたら止まらなくなるので、それだけで軽く一日が過ぎてしまうこともしばしば。

部屋中をピカピカにしたら気持ちもスカッとして、クリぼっちの寂しさも吹っ飛ぶこと間違いなし。

③読書をしてインテリ気分に浸る

クリスマスには、各地でクリスマス読書会という催しが開かれていたりする。

それに倣って『おひとりさま読書会』を独自に開催。

本屋で買ったきりそのまま放置していた『積ん読』状態の本たちを、このタイミングで一気に読んでしまうのだ。

ついでに本棚の整理整頓も済ませることができるし、一石二鳥ってわけ。

④おひとりさまクリパを開催

『クリスマスの日ぐらい、自分にご褒美をあげたい!』

そんな思いで、自分一人だけのクリスマスパーティーをひっそりと開く。

普段は買わない高級なケーキをちょっと奮発して買うのも良し、宅配ピザを頼んで楽をするのも良し、逆に腕によりをかけてクリスマスディナーを手作りするも良し!

大勢のパーティーに参加するときみたいに気を遣わなくていいから、自分の好きなものを好きなだけ満喫できるぞ。

こんな贅沢、他にある?

⑤最終手段!とっとと寝てしまう

そうは言うても、やっぱりクリぼっちは寂しい!

特にやる事もなくなったしどうしよう…と思ったら、いっそのこと早めにおやすみモードに入ってしまうのはどうだろう?

世間がどんなにクリスマスムード一色だろうが、眠りについてしまえば関係ない。

日頃の睡眠不足を解消できる良い機会になるかもしれないし、もしかしたら自分のもとにもサンタさんが……

って、さすがに来ないかw

クリぼっちは寂しくも恥ずかしくもない!

当ブログ史上稀にみる低クオリティのこの記事を最後まで離脱することなく読んで下さったあなたに、心から敬意を表したい。

こんなクリぼっちあるあるが当てはまるなんて人は、私ぐらいしかいないかもしれないが。

でも個人的には、クリぼっちであることを惨めに感じたりとか、必要以上に卑下することはないんじゃないかなと思っている。

だって、ひとりの時間を充実させて心から楽しんでいる人たちを見ると、自分軸がしっかりしてる感じがして素敵だなと思うから。

それに今は、おひとりサイズのクリスマスケーキとか、様々なクリぼっち様向けのサービスが広がってきているので、ひと昔前に比べたら、だいぶクリぼっちに優しい時代になってきているんじゃないかと。

クリぼっち商戦に乗っかることで、日本経済を回すのに少しばかり貢献できるわけだし。

一年に一度のクリスマス、どう過ごすかは個々の自由。

外野の誰かにとやかく言われる筋合いなどないし、どんな形であっても間違っちゃいないんだよ。

タイトルとURLをコピーしました