古いブランドバッグを処分する前に高価買取の査定に出すべき理由とは?

この記事は約5分で読めます。

お気に入りだったブランドもののバッグ。

でもいつしか使わなくなり、家のクローゼットや押し入れの奥などに眠らせたまま…

なんて方も多くいらっしゃるのではないだろうか。

さすがに捨ててしまうのはもったいないので、質屋やリサイクルショップに買取査定をお願いしても、かなり昔に購入したものであったり、使い込んでいてボロボロになってしまっているバッグなどは、買取を断られてしまうなんていうケースも少なくない。

どうせ査定してもらっても値段がつかないだろうと最初から諦めてしまいがちだが、場合によっては、古いものでも傷物であっても、高価で買取してくれる可能性が大いにあるのだ。

では、高価で買取ってもらえるブランドバッグは主にどのようなものがあるのか、また1円でも高く買い取ってもらうために売り手はどのような対策をすれば良いのか。

あらかじめチェックしておきたい点などをまとめてみようと思う。

スポンサーリンク

古くても売れるブランドバッグとは?

まず、高価買取してもらえる可能性があるブランドバッグについて。

10年以上前に購入したような古いモデルでも本当に買い取ってもらえるの?と半信半疑になる人がほとんどだと思うが、ブランドバッグのコレクターにとっては、例え古いモデルであってもお宝そのもの。

古いモデルはすでに生産を終えているものも多く、現在はなかなか手に入りにくいことからも、ヴィンテージものとして、より希少価値や付加価値が高まりやすい傾向にあるのだ。

高値がつきやすいハイブランドバッグの一例

CHANEL

シャネルの中でも特に人気があるのはマトラッセ。

なかでもチェーンショルダーバッグは、新品の需要も年々高まっており、中古市場でも高値で取引されている。

マトラッセ以外のものでは、ココマークやキャビアなども根強い人気を誇っている。

FENDI

フェンディの定番中の定番といえば、ズッカ柄のバッグ。

フェンディのFの字がモチーフになった柄は、一度は目にしたことがあるはず。

ズッカ柄の他にも、最近世界的にも人気が高まっているピーカブーや、太い縦じまが入ったペカン柄も人気で、特にリュックやボストンバッグなどに需要が集まっている。

HERMES

エルメスの定番モデルで常に高い人気を集めているのはバーキン。

一流モデルや女優などセレブの間でも愛用者が多いことでも知られている。

バーキン以外では、ケリーやボリードなどのバッグも根強い人気がある。

GUCCI

グッチといえば、GとCのアルファベットをモチーフにしたロゴバッグが有名だが、最近は持ち手の部分が竹の素材で出来ているバンブーシリーズも人気だ。

定番のモデルとはテイストがガラリと変わった斬新なデザインで注目を集めており、特にリュックの需要が高い。

LOUIS VUITTON

ルイヴィトンのモノグラムの各シリーズは、いつの時代を経ても変わらない需要がある。

最近はデザインだけでなく収納力も抜群なネヴァーフルも人気だ。

ほかにも丸みのあるデザインで可愛らしいサイズ感のアルマや、2014年に販売開始以来人気を呼んでいるモンテーニュなども需要が高まってきている。

 

以上のような高級ブランドのバッグは、中古市場でも需要が絶えないので、買取査定に出すと思わぬ高値がつく場合もある。

ここであきらめるのはまだ早い!

状態が悪くても買い取ってもらうことは可能?

皆さんが買取をしてもらおうと考えているバッグのほとんどは、長年大事に使用してきたものが多く、なかには傷が目立っていたりなど、状態があまり良くない場合もあるだろう。

このような状態の悪いものは、そう簡単に買い取ってもらえないのでは?と懸念されるが、エルメスやシャネルなどのハイブランドであれば、たとえ状態が悪くても高価で買取をしてもらえるケースが意外と多くあるのだ。

こんな状態でも買取OKとなることも!

・軽い変色があるもの

・小さなシミがあるもの

・生地が日焼けしていたり、色あせが見られるもの

・ポケット部分に使用感が見られるもの

・バッグの角がスレているもの

・縫い目に軽いほつれがあるもの

・外箱や保存袋、ギャランティカードなどの付属品がない

・ネーム刺繍があるもの

・アウトレット品

 

このように多少状態が良くないものであっても、ハイブランドバッグは価値が0円になることはほとんどなく、いくらかの金額が提示してもらえるケースが少なくない。

袋や箱などの付属品があれば査定価格が左右される大きなポイントとなるので、もしあれば一緒に持っていくのが望ましいが、もし付属品がなくても査定はきちんとしてくれるのでご安心を。

デザインが古くても経年劣化がひどくても、高級ブランドならヴィンテージとして高価買取が期待できることもあるので、処分することを考える前に、まずは一度査定に出してみることをおすすめする。

査定に出す前に要チェック!1円でも高く買い取ってもらうには?

デザインや状態が古くても買取してもらえる可能性は大いに残されているという点については、ここまでで十分お分かり頂けただろうと思うが、ではいざ買取査定に出す!となったとき、私たちはどのようなことに気を付けておくべきか。

1円でも高く買い取ってもらえるように、最低限行っておきたいことをここでチェックしておこう。

まずは先程も少し触れたが、バッグの入っていた箱や付属品があれば忘れずに揃えておくこと。

これがあるか無いかで査定価格がグンと変わってくることがあるので、もし保管してあればひと通り揃えておこう。

そして、査定に出す前にバッグ本体のお手入れをしておくことをおすすめする。

ずっとタンスやクローゼットなどに収納したままだったものは、ホコリやニオイなどが気になったりするので、柔らかい布などでホコリや軽い汚れを落としたり、風通しの良い場所に干すなどして、少しでも見栄えの良い状態に整えておくのがベスト。

買取をしてもらうということは、誰か次に使ってくれる人がいるということ。

次にお譲りする方に少しでも気持ちよく使って頂くためにも、最低限のケアや配慮は忘れないでいたいものだ。

買取の依頼はブランド買取専門のプロにおまかせ!

以上、ブランドバッグの買取についてまとめてきた。

こんな古いバッグでも本当に買取OKなのかな?と悩んでいる方は、まずはブランド買取専門のプロに相談してみよう。

最近は買取査定や相談を無料で受け付けてくれる業者も増えてきているので、こういったサービスの利用も一度検討してみてはいかがだろうか?

 

ブランドバッグの高価買取実績多数!無料査定はバイセルへ!→→ブランド買取専門/バイセル



コメント

タイトルとURLをコピーしました