【エンジェルセラピーオラクルカード】のおすすめポイントは?

この記事は約3分で読めます。

オラクルカードを勝手にレビューシリーズ。

今回は、ドリーン・バーチュー氏の【エンジェルセラピーオラクルカード】をピックアップしていこうと思う。

キーワードは『守護天使』、そして『癒し』といったところかな。

スポンサーリンク

大天使たちのアートに癒される

エンジェルセラピーオラクルカードの絵柄には、主に大天使ミカエルやラファエルなどの守護天使たちが描かれている。

その落ち着いたタッチは、まるで美術館に展示されている人物画を鑑賞しているような感覚に。

凛とした佇まいの天使たちの神秘性が光るアートワークになっている。

ガイドブックにはセラピーワークが満載

私が購入したエンジェルセラピーオラクルカードは数量限定版なので、外箱とガイドブックの表紙のデザインが通常のものとは少し異なる仕様になっている。

限定版は、淡いピンクを基調とした優しいデザイン。

カードのデザインと解説書の内容などは、通常版と同じだ。

こちらのガイドブックには、それぞれのカードの意味とともに、アクションステップというものが記載されている。

これは他のオラクルカードのガイドブックにはない、大きな特徴といえるだろう。

アクションステップとは、いわばスピリチュアルワークのようなもの。

心の中で唱えるアファメーションや簡単に身体を動かすワークなど、カードの意味に関連した内容が載っている。

でもそこまで難しいものではなく、ご自分で気軽に実践できそうなワークが多い。

スピリチュアルな要素が強めのオラクルカード

エンジェルセラピーオラクルカードは、その名の通り、癒しの要素が強めのカードとなっている。

大天使の名前や、チャクラ、ライトワーカーなどといったスピリチュアルな専門用語がたくさん出てくるので、スピ系の知識がある程度必要になってくると思う。

そういった意味でも、どちらかというと初心者よりも中級者以上向けのカードといえそうだ。

私は初めてこのカードデッキを手にした時、神聖なるオーラをビシビシと感じるカードだなと思った。

精神世界に関する知識が多少あったので、スピスピした雰囲気にはさほど抵抗感は無かったが、カードの絵柄を見てリーディングするのは少し難しいかもという印象を持った。

ただ、ガイドブックの解説はとても分かりやすいと思う。

特にアクションステップは、ちょっと疲れを感じているときなどに実践すると、身体の緊張が解き放たれて、心が幾分軽くなるような気がする。

自分の内面をじっくり見つめ、感情に癒しをもたらす作用があるのだろう。

目に見えない存在の天使たちとの繋がりを深めていけるような、とても濃い時間を提供してくれるカード。

天使のことをもっと知りたい方や、スピリチュアルの道をさらに究めていきたい方におすすめだ。

 

≪管理人の個人的評価≫
初心者おすすめ度:★★★
絵柄の美しさ:★★★★
ガイドブックの分かりやすさ:★★★★

 

以上、【エンジェルセラピーオラクルカード】のレビューをお送りしてきた。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました